Consulting & Solutions

事業案内

自然環境調査

当社では、動物相、植物相といった自然環境調査を実施しております。豊富な経験と技術力で自然環境調査を実施し、現場の状況を的確にわかり易くお伝えしております。
生態系の上位に君臨する猛禽類、河川・ため池に生息する魚類や里山に生育する植物など技術者の観点を大事にし、魅力的な自然環境を未来の次世代へ残すためのお手伝いをしています。

哺乳類

  • 警戒心が強く、夜行性である哺乳類は、無人撮影カメラなども用いて確認を行います。

  • 草地などに生息するネズミ類(アカネズミ、ヒメネズミなど)を捕獲するシャーマントラップです。

  • バットディテクターや捕獲などにより、コウモリ類の生息を確認します。

両生類、爬虫類

  • 両生類、爬虫類が生息して居そうな場所を歩いて捕獲し確認します。

  • 爬虫類や両生類は水辺に多く生息しています。クサガメも近年では見かけることが少なくなりました。

  • 警戒心が強く、動きの速いヘビ、カナヘビ類の確認は一苦労です。

鳥類

  • 猛禽類定点調査を実施し、営巣地の特定、行動圏の把握などを行います。

  • 生態系の頂点に君臨するクマタカは大型鳥類であり、迫力があります。

  • 目視や鳴き声により種を判別し、生息する鳥類の把握を行います。

魚類

  • 投網、タモ網などに加え電撃捕漁器にて、魚類を一時的に気絶させ捕獲します。

  • 渓流魚など捕獲が難しい種については、潜水観察を行い確認を行います。

  • 遡上確認や産卵場調査など、魚類の生息環境の確認を行います。

底生動物、付着藻類

  • サバーネットと呼ばれる網目の細かいネットを用いて、水生昆虫などを採集します。

  • 礫に付着している藻類を剥離させ、種類の同定、細胞数の計測などを行います。

  • 水生生物の同定や写真撮影なども行います。

昆虫類

  • 歩きながら確認した種は写真撮影し、周辺の環境状況なども詳細に記録します。

  • 光に集まる昆虫類の習性を利用したライトトラップです。ブラックライトを使用し、夜間に採集を行います。

  • 昆虫類の生息状況を的確に把握するため、様々な工夫を凝らし調査を実施しています。

植物

  • 生育種の確認をする植物相調査です。重要種の確認などきめ細かな調査を実施します。

  • 陸域植物、水域植物など様々な環境で調査を実施します。

  • 航空写真からの判読や現地での確認を経て、詳細な植生図を作成します。画像処理ソフトやGISなどを使用し、解析を行います。